怒涛の2週間

この2週間は 怒涛の2週間だったと思います。

まずは世田谷の世田谷公園で1日、2日に行われた世田谷ガーデニングフェスタのボッチャコーナーでお手伝いをさせていただきました。
二日間を通して老若男女問わず幅広い方々が心からボッチャを楽しんでくれている姿を見ることができて非常に嬉しかったです。
私が選手として活動していた頃は夏目漱石の小説と間違えられることも珍しくなかったのでその時のことを思い出すとボッチャのことを知っている人が増えているという事だけで感無量です。
東京パラリンピックに向けて僕も出来る限り色々活動していきたいと思います !
一緒に盛り上げて いきましょう!

そして最近は個別ILP( J WALK 旭川編 参照) に関わらせていただくことも増えて私にとっても大きな学びとなっています。

私も皆さんと共に様々なことを感じながら学んでいければと思っています。

11日には14日の出かけてみよう会の 下見に行ってきました。
今回の出かけてみよう会は秋葉原のメイドカフェに行くことになりました。
メイドカフェについてはネットで調べて目星はつけていたのですが実際に行ってみないと段差などのバリアフリーの状況が分からないのではないかというアドバイスをいただき下見に行くことにしました。
実際に見てみたら言われたとおりで
メイドカフェのある建物にはエレベーターがあるものの建物の入口に段差があって車椅子では入ることができない所がほとんどでした
車椅子に乗っているからメイドカフェにいけないということがあっていいのでしょうか?
誰もが 色々な選択肢を持って何処にでも行ける環境になることだ一番だと思います 。

そんな中見つけたお店が

「@ふぉーむカフェ」

なんとこの店出かけてみよう会の当日 14日 NHK のプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されていたそうです。
当日 全く宣伝もせず一生懸命色々なご主人様に向けてご奉仕してる姿。とても ほっこりしてしまいました。

メイドカフェに行って嬉しかったことが二つあります。
一つは出かけてみよう会初参加でメイドカフェ 行きたいと提案してくれた方が とても喜んでくれた事!
今まで行きたかったけどメイドカフェ 一人で行きづらかったからこの機会に是非行きたいと提案してくれたのですが 本当に楽しんでくれてまた行きたいと言ってくれたのでとても嬉しいです。
出かけてみよう会の醍醐味だと思います!

もう一つ嬉しかったことはわたしを担当してくれたメイドさんが私の言ってる言葉をしっかり一発で聞き取ってくれたことです!
私には言語障害があり話していても一発で 聞き取ってもらえることは珍しいので 聞き取ってもらえないことに慣れてはいるのですが やっぱり聞き取ってもらえた時にはすごく嬉しいんです!
普段から入ってくれているヘルパーさんでも私の滑舌の調子によっては聞き返されてしまう事が あるぐらいです。

しかも私の名前はじゅんぺい。
一番聞き取りにくい単語の集まりです(笑)
あるヘルパーさんが言ってました。
「 じゅんぺい君の言葉は 気持ちを向けてないと 聞き取れない!
だから調子悪かったりちょっと聞いてなかったりするときは入ってこないんだよね(笑)」
私自身 これを言われてからもっとはっきり発音を意識するようにしています。

そんな中聞き取ってくれたメイドさん めっちゃ嬉しかった!(笑)
よく見たら新人さんでした!
私に一人の人間としてしっかり向き合ってくれてるということが伝わってきたのでなおさら感動してしまいます。
他のことに対してもひたむきに一生懸命頑張っている姿を見て淳平ご主人様応援したくなっちゃいました!

これからも出かけてみよう会を通じて 色んなところで皆さんとこんな楽しい体験が沢山できたらいいなと思います !

こんな感じでこの2週間はとても充実した2週間になりました!

次のなライフはどんな2週間になったのか 楽しみにしてください!

調布で自立して地域生活を送る
脳性麻痺の(CP)重度障害当事者
メイドカフェに行って一番はまっちゃった(笑)
CILちょうふピアスタッフ
奈良淳平