わたしの介助者募集に関して

2月中旬からヘルパーさんの募集をしていましたが、
おかげ様でたくさんの応募頂きありがとうございました。
現在、新しいヘルパーさん向けの研修をやっているところです。
私の介助に入ってもらうには私の生活を肌で感じてもらうのが一番だと思うので慣れているヘルパーさんの時に一緒に入ってもらって介助方法や1日の流れを体感してもらうかたちをとっています。
私自身、自立して一年が経ち、自分の生活パターンがわかってきた上での研修なので自立当初の研修に比べ自分の障害や介助方法などをよりわかりやすく伝えられるようになっているかと思います。

自分の言葉で考えながら話していたりヘルパーさんそれぞれのコツを聞いていると改めて気づくことがあります。
普段の生活でずっと入ってくれているヘルパーさんとの間ではルーティーンワークとなっていることも改めて丁寧に伝えていくと様々な改善点に気がつきます。
今後、生活を更に快適にできるようひとつひとつのことを怠ることなく、しっかり伝えてやってもらうように日々研鑽していきます。
皆さまの新生活がより良いものとなるように願っています。
今後とも宜しくお願いします。
ちょうふで自立して生活する脳性まひ(CP)の重度障害者 最近いろいろな想いにふけっている23歳A型Rhの奈良淳平