私にとってスポーツとは

今日は箱根駅伝と、昨日録画していたスポーツ王決定戦を観てました。

箱根駅伝は、いつも感動してしまいます。私もスポーツをかじっていただけあって、余計に心に響いてくるものがあります。
必死に皆んなでタスキを繋ごうとする、大学がある一方でそれぞれの個人が、仲間を思って記録通しを繋ぐ大学もあり、その努力があるから感動を呼ぶんです。
決して、その時だけ頑張ってる訳ではなく、一年の集大成として、この大会に臨んでいます。各大学のそれぞれの思いが、伝わって来ました。

青山学院大学、四連覇おめでとう御座います!
来年、どんな大会になるか楽しみです!

簡単に諦めてはいけないなと、思いました。
私も何事にも負けず頑張って行きます。
スポーツ王についてはいつもとんねるずの二人がめっちゃくちゃなんですが、アスリートの皆さんのすごさを感じるためには最高の番組だと思います!
卓球対決は特にハンデがすごいんですが、対応しているのですごいと思います!
いつもカッコイイです!
そこで考えて見ました。
ボッチャで売り込んだらどうなるんだろうと思いぜひボッチャをやって欲しいなと思いました!
2020年に向けて障害者スポーツの普及はとても重要です!
まずは車椅子バスケや車椅子卓球でもいいかもしれません!ボッチャはパラリンピック独自の競技です!
ボッチャコーナが出来るといいなと思います!
社会に溶け込ますためには一番の方法かと思いますが、ニーズや視聴率の兼ね合いで不可能かもしれないです!
これから少しづつこのような働きかけも出来ていければと思います
頑張ります!