研修

今日は戸山サンライズで行われたJIL関東ブロックの研修会に参加しました。内容としては国際自立生活センター協議会の決起集会に参加するためにアメリカに行った報告です。
アメリカにはADA法という法律があります。その法律はあらゆる障害者差別を禁止するというものです。世界の障害者差別禁止法のモデルとなっている法律です。アメリカに行った障害者の人が良く言うことですが、初めて人間として扱われた気がする。電車も駅員さんに頼まなくても乗れるし、街に段差もないし、みんな自然に接してくれると言ってくれました。さらにアメリカのCILの人にもっと訴えなさいと伝え続けることが大切で、もっと政治家とコネクションを作りなさい言われたそうです。ADA法作った時も与党の人と繋がりを持ったから上手くできたと言っていたそうです。ただし、ADA法がカバーできてないところもあるそうで進んでいるアメリカでも流しのタクシー乗れなかったり、電車でもちょっぴり段差があったりして、頑張って乗ってるらしいです。いろいろ不備はあるにせよ揃っているからこそ選択の幅があるそうです。日本はその点で少し過保護な感じがするみたいです。日本は来年バリアーフリー法の改正や診療報酬の改定など法律や制度の転換期を迎えると思います。だからこそ下手をしたら頑張ったらADA法を超える法律、制度が誕生する可能性があるのでそうなるように全国から要望を出しているそうですが要望が通る可能性は低いみたいで極めて残念です。なので一個一個成立までの間、ロビー活動を地道に進めるしかないと思います。これからロビー活動を頑張っていきます!

ちょうふで自立生活しながらロビー活動も頑張る趣味国会中継を見ることいつかは、、、の重度障害者 奈良淳平