ジャパンパラリンピック ボッチャ競技大会

今日は、武蔵野市総合体育館で行われた、ジャパンパラリンピック ボッチャ競技大会に行って来ました!

ボッチャを簡単に説明すると、三色のボールを使います。赤と青に別れて、的となる白い玉により寄せた方が勝ちとなります。
一件簡単そうに聞こえますが、そう簡単にいかないのが、面白い所です。

パラリンピックの正式種目で、リオパラリンピックで銀メダルを取って注目を集めてから、色んな所で取り上げてもらえ嬉しく思います。
日本で国際大会を観戦できるようになった喜びと、日本がパラリンピックシルバーメダリストとして紹介されてることに感動しましたし、刺激を受けました!

私はボッチャを始めて12年程になりますが、今が一番知ってもらってる人が多いと思います。
私は、リオパラリンピックの出場権争いで燃え尽き、現役から一線は退きましたが、ボッチャに出会って、世界は変わりました。本当に社会が拡がったんです。それを機に、自立生活への思いが強くなりました。
私はボッチャでしたが、皆さんそれぞれハマるものがあると思いますので、それを見つける事が大切だと思います。

しかし、皆さん是非この機会にボッチャと言うスポーツを知って下さい。
東京パラリンピックに向けて、盛り上げて行きましょう。よろしくお願いします。

調布で自立して地域生活を送る 脳性麻痺の重度障害者 ボッチャ元日本代表  CILちょうふピアスタッフ 奈良淳平