夢が教えてくれた気持ち

私、奈良淳平

夢を見るんです。

それはどんな夢でしょうか。

女の子と仲良く手をつないでイチャイチャする夢ならいいんですが

昨晩は・・・

なんと私、夢の中で殺されてしまいました。

誰に殺されたか、なんとそれは父親だったんです!
びっくりしちゃった。

私自身、家庭の事情で父親には5年ほど会っていないんです。
それで、いきなり父親に殺されたので複雑でした。

でも、この話をCILちょうふの秋元代表に話したところ、意外な答えが返ってきました。やっと生活が安定してきて家族のことが気になりはじめたんじゃないかな、お父さんのこと気になっているんじゃないかな。

この言葉にハッとさせられました。

ずっと親が離婚してからずっと気にもならなかった(気にしないようにしていたのかも)こころのどこかでずっと気になっていたかもしれません。
夢が自分の潜在意識を呼び覚ましてくれました。自分が逃げていたどこかで後ろめたく思っていたから夢で殺されたかなと思います。

そのことに気づかせてくれたのは秋元さんの言葉でした。

気持ちに余裕が出てきたので他のことを考えられるようになったのか本当に代表のお陰で自分の生活に対しても自信がつきましたし、家族と改めて向き合ってみようかなと思うことができました。やっぱり私、CILちょうふでお世話になって良かったと思えたエピソードでした。

秋元さんありがとうございます!

調布で一人暮らしをする重度障害者(脳性麻痺)
奈良 淳平