電車が止まると・・・でも、諦めない‼‼

今日、M1カフェのチラシを置いてもらおうと思って、調布市の国領へ向かう為に駅に行ったら、京王線の電車が止まってました。
脳性麻痺で、電動車椅子を使って調布で一人暮らしをしている私にとって、電車が止まると結構な死活問題で御座います。
が、ヘルパーさんの助言でバスで行き来しました。
私自身はまだ、バスに乗りなれてなく選択肢に無かったので、圧倒させられました。
幼稚園の頃、初めてバスに乗った時、「車椅子の人は乗れません」と言われてから苦手意識が消えず、高校の時もノンステップバスが出来て、車椅子でバスに乗る人が増えて来た時、機会があり乗ろうと思ったら、「電動車椅子、本当は乗れないから、今度乗る時、手動の車椅 子で乗って下さい。」と言われました。
バス会社に抗議した事もあります。
それもあって、苦手意識が残っていました。
しかし、今のバスは違ったんです。バスにスロープが内蔵されていたり、取り外しのスロープが積んであったりで、普通に乗れるんです!
とても嬉しいです。これで、社会に出る足が増えました。
そして何よりも、運転手さんが優しい。嫌な顔をせず、普通に準備して乗せてくれる。その姿勢にとても、感動します。
歩きじゃ遠くて、電車で遠回りの所沢山あると思います。今後、皆さんも出掛ける時選択肢にバスを入れて見て下さい。
新しい世界が、広がるはずです。
今の社会は、どんどん障害者が社会に出 ないと、どんどん社会は障害者を忘れていってしまいます。
今、何も怖がる事はありません。私と一緒に、どんどん社会に出て行きましょう。
調布で一人暮らしをする重度障害者(脳性麻痺)
奈良 淳平