もっとユニバーサルデザインを広めていこう!

車椅子に乗ってると、階段が使えない!
あたりまえですが
だから階段しかないところには行けないですよね。

私たち車椅子使用者はスロープがあるかどうかとか、エレベーターがあるかどうかを確認しながら移動しています。
駅の標識とかすごくわかりにくいし!エレベーターがあっても健常者と比べると遠回りになることがたびたびあります。

車椅子に乗ってるからっていう理由だけで、余計に時間がかかるのは変な話だと思いませんか!
ただ、時間がかかるにしてもここまで自由に移動できるようになったのは、今までの当事者運動があったからこそです。
先輩方に感謝したいと思います。
現在ユニバーサルデザインや、バリアフリーがやっと社会の中で浸透してきました。
だからこそ今、僕たち当事者ができることがあると思います。

秋元さんを始め、障害当事者のみなさんと、協力しながらどんどん社会に訴っていきます。
みんなで頑張っていきましょう。

調布で一人暮らしをする重度障害者(脳性麻痺)
奈良 淳平