たえっセイ Vol.5

6月、CILラピタ主催のCIL講演会のお手伝いで旭川に行ってきました。出発早々、アクシデント!定刻通りに機内に乗り込んだまではよかったのですが、全員乗り込んでからブレーキの不具合により、整備のため機内待機になりました。最初は、15分程度というアナウンスでしたが、もう10分、もう15分と延びていき、結局2時間機内待機の末、離陸したのでした。15分で終わるとの見通しで、機内で待機となったようですが・・・。さすがに見通しつかずの機内待機は疲れましたが、海外遠征で航空機でのアクシデントは当たり前の経験があったので、ぼんやり外を見ながら講演会の内容を考え過ごして気持ちは穏やかでした。例えば、突然の経由地変更とか、ストライキで飛行機が飛ばず、空港で仮眠とか、電動車いすのバッテリーだけ空港に置き去りとか、乗り換え時間がなくて空港の大きな車いすに乗せられ猛スピードで移動して、とりあえず着席して離陸後に席の入れ替えとか(これらはごく一部です)。こんなことに比べれば、大したことではないもので。現地で待っていてくれていたCILラピタの菅野さんと介護タクシーの運転手さんには申し訳なかったですが。

その日はラピタの事務所で打ち合わせをする予定でしたが、やむなくホテルにて打ち合わせ。夕飯はホテルに併設してあるイオンのレストラン街でスープカレーを食べました。東京ではなかなか見かけることのないスープカレー。北海道では当たり前にあるそうです。せっかくなのでエゾシカカレーを注文。ゴロゴロ野菜具だくさんで具だけでお腹いっぱいになるほどでした。エゾシカの味は塩気のないコンビーフといったところでしょうか?コクのある味で、なんといっても野菜の味が最高。東京では食べられないものを堪能し満足。おーっと、本番は明日。

CIL講演会当日はあいにくの雨模様でしたが、思った以上の参加者で障害者本人も多く、親御さんや福祉関係者・教育関係者など30名を超えていました。障害者がこんなに集まったのはこれまでなかったようで、うれしく思いました。CILの説明と自立生活の楽しさを中心に伝えました。写真と動画を交えてだったので、わかりやすかったようです。CILラピタの活動報告を挟んで、第2部はフリートーク。CILラピタの代表・佐藤さんも私もCP(脳性麻痺)のためか参加者もCPが多く、CPあるあるで盛り上がりました。

例えば・・・外でソフトクリームを食べたいというのはためらうよね(食べている間に溶けてでろでろになるので、親は食べさせるのを嫌がる)とか、熱いものはフーフーしながら食べさせてもらいたいけど、さめてから食べさせてもらうのが常だよねとか。みんな自分だけじゃなかったんだと共感していました。夜はバーカウンターのあるおしゃれなお店で交流会。食べ物も飲み物もおいしくて、食べすぎ飲みすぎました。CPが多かったのでのんべえばかり*で(飲めないCPのみなさん、ごめんなさい)、話も盛り上がり、楽しい充実した時間でした。私の誕生日が近かったこともあり、サプライズでバースデーケーキまでいただきました。超濃厚チーズケーキ!自分の役割を終えて、大好きなものばかりで、気分は上々。翌日の天気だけが気になっていました。

3日目は完全プライベート。佐藤さんに付き合わせちゃいました。採りたてのアスパラガスを食べ、富良野の景色を見て、農園に嫁いだ大学時代の友人に会い、ジンギスカンを食べ、六花亭でデザートを食べ、最後は富田ファームで締めくくり。景色を楽しむにはちょっと時期が早かったですが、充分楽しみました。あれ?結局3日間、食べてばっかり!

CILラピタのみなさん、ありがとうございました。日本全国どこの地域でも私たちが考える障害者の自立が当たり前になるように活動していきます。

*アルコールを入れると緊張がゆるむので、結構飲める人が多いんです。